在学生の方へ

学科主任からのメッセージ

工業化学科の理念と教育目標

【写真】工学部第一部工業化学科 主任 近藤 行成 教授 工学部第一部工業化学科 主任 近藤 行成 教授

大学は,自分自身で学問の進め方を学ぶところです。工業化学科では,以下の理念と教育目標に基づき,化学の技術や学問を自分自身で学び,更に優れた技術や新しい学問分野を作り出すことができる優秀で実力のある化学技術者・研究者の育成に務めています。

[理念]
化学とは物質の性質と物質変化を研究する学問であり,工業化学は工学的な側面から化学を研究する学問である。工業化学科では,研究対象とするナノテクノロジー・材料,環境,資源・エネルギー,化学システム,バイオエンジニアリングなどの分野において,化学の理論的研究にとどまることなく,人間の生活の豊かさに貢献するための実用化を重視し,「人類に必要な物質の創製,及びそのための製造方法を開発すること」を研究の理念とする。

[教育目標]
人類に必要な物質を創製・利用していく上で不可欠な教養,基礎,専門の知識を教授し,これらの知識をもとに,有益な物質あるいは製造方法を将来自ら提案できる能力を育成する。このため,自然科学科目,専門科目および技術者として求められる広い視野や工学倫理,国際性などを付与するのに必要な教養科目,外国語科目および工学関連科目を最適に組み合わせて教育する。

カリキュラム詳しくはこちら 就職情報 詳しくはこちら