研究室・教員紹介

 

工業物理化学第一研究室(近藤行研)

工業物理化学第一研究室(近藤行研) 研究室一覧へ戻る

ナノワールドの時空間制御をめざす
毎日の洗濯で使う洗剤は界面活性剤です。また私たちの体は界面活性剤(洗剤とは分子構造が異なりますが)の集合体で構成されています。このように界面活性剤はとても身近な化合物です。当研究室では界面活性剤集合体の「かたち」がどのような因子によって決まるのかを解明しようとしています。この研究が完成すれば、人工細胞ができるはず。ナノ~マイクロメートルサイズの複雑な形の構造体を特別なエネルギーを必要とせずに作ることもできるようになるでしょう。これらの研究を通して、医・薬・工など様々な分野に貢献したいと考えています。

研究室HPはこちら

研究テーマが入ります。

研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。