研究室・教員紹介

 

有機合成化学第一研究室(林研)

有機合成化学第一研究室(林研) 研究室一覧へ戻る

有機不斉触媒から生物活性天然物の合成まで
少量の不斉源から大量の光学活性体を作ることは、有機合成化学の重要な課題です。生物はこのような変換反応を水がたくさん存在している条件下で行っています。当研究室では生物に学び、アミノ酸、あるいはアミノ酸から簡単に合成できる低分子有機化合物を触媒とした、光学活性化合物の実用的な合成法の開発を行っています。環境に害のある不要物を極力出さないグリーンな方法を目指しています。さらに、それらの合成方法を利用して、抗癌作用等の生物活性を有する天然有機化合物の独創的・実用的な合成を行っています。。

研究テーマが入ります。

研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入り ます。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキスト が入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテ キストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。