研究室・教員紹介

 

複合工業化学第一研究室(橋詰研)

複合工業化学第一研究室(橋詰研) 研究室一覧へ戻る

生体のシステムを応用したハイブリッド材料の作製
有機物と無機物とからなるハイブリッド材料は、それぞれの素材の長所が融合されることで優れた機能を発揮します。人工的な材料に限らず、たとえば骨もコラーゲン(有機物)とアパタイト(無機物)とがナノレベルで複合化したハイブリッドです。当研究室では、生体が無機結晶を生成するプロセス(バイオミネラリゼーション)の原理を理解し、それに工夫を加えることで環境にやさしいハイブリッド材料作製法として利用しています。またゾル-ゲル法など他のウェットプロセスも積極的に取り入れ、従来不可能であった材料同士のハイブリッド化にもチャレンジしています。化学の知見を総動員し、ナノレベルでの材料設計に基づいた新しい有機−無機ハイブリッドの作製とそれらの医用材料などへの応用に取り組んでいます。

研究テーマが入ります。

研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。