研究室・教員紹介

 

化学工学第二研究室(庄野研)

化学工学第二研究室(庄野研) 研究室一覧へ戻る

"もの"を作る新しい技術を探して
実験室のビーカーでは簡単に合成できる物質も、大きな装置で大量に合成しようとすると途端に難しくなります。化学工学は、そのような工場規模で「もの」を作るための原理や技術の開発を対象とする学問です。ですから、化学反応を伴う研究ばかりではありません。装置や管内の流体の流れ方、物質移動なども重要な研究対象です。私たちの研究室でも、高分子微粒子の高効率合成法の開発など化学反応を扱う研究が半分で、残り半分はエマルションの調製法や微小流路内での二流体の流れ方などを対象とした研究を行っています。

研究テーマが入ります。

研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。研究テーマテキストが入ります。