大学院

理念・目的・教育目標

【写真】

工学研究科工業化学専攻では、化学の工業的・工学的な見地から教育・研究を行い、物質・材料の創製や解析、資源・エネルギー、環境保全、化学プロセス、生物・生命化学などの広い分野において、学術的な研究にとどまることなく、人類社会の持続的発展を目指した「ものづくり」を実践でき、自立した研究活動によって化学の学術水準の向上に寄与できる人材の育成を目的とします。

修士課程

修士課程は、工業化学に携わる研究者・技術者として、有機化学、無機化学、物理化学、化学工学の四本を柱とした一般的および専門的教育を基に、工業化学に関する深い学識を修め、人類社会の持続的発展に貢献するための実用化・工業化研究を遂行できる能力を備えた人材の育成を目的とします。

博士後期課程

博士後期課程は、工業化学に関連した卓越した専門性、国際性、指導力を身につけ、人類社会の持続的発展に貢献するものづくり、および新たな化学技術の開発を先導することのできる第一線の研究者・技術者の育成を目的とします。

本学公式サイトの工学研究科および工業化学専攻の【人材育成に関する目的】のページへ
3つのポリシー 詳しくはこちら専攻紹介 詳しくはこちら
授業科目 詳しくはこちら研究室&教員一覧 詳しくはこちら