大学院

専攻主任のメッセージ&専攻紹介

専攻主任からのメッセージ

大学院は、学部生時代に身につけた知識や技術をさらに深化させる場所。知識については、その理解を一層高め、技術については、より磨きをかける場です。工業化学専攻での、有機合成、材料・プロセス、環境・エネルギー分野に関する皆さんの知的活動が、間違いなく、私たちの生活を豊かにし、持続的社会の構築に寄与することでしょう。しかしそれだけではありません。自身で課題を見つけ、能動的に課題に取り組む不断の努力により、既存の知見の延長線上を歩むのではなく、自らの力で新しい知見を見出してほしいと思います。そして、知が創造される瞬間、知の立ち上がりの瞬間を是非体験してください。

当専攻での活動を通して、新しいサイエンス、新しい学問を創ろうではありませんか。これは簡単なことではありません。しかし、この努力が皆さんを有為な研究者・技術者へと成長させてくれます。工業化学専攻で一緒に知的活動をエンジョイしましょう。

専攻紹介

物理化学分野
物理化学は、物質およびそれを構成する原子や分子の性質、並びにあらゆる化学現象について、物理学的手法を用いて解明するとともに、得られる知見を基に、新たな分子をデザインし、機能性材料の創製を目指す分野です。
化学工学分野
化学工学とは、化学工業において必要とされる様々な装置や操作についての研究を行う工学の一分野で、「どうやって作るか」を学ぶ学問です。化学製品の製造工程を総合的に見て、最適な反応装置や分離装置を設計、選定し、最適な反応や分離の条件や手順を決定して、それを連続的に運転するための知識を深めていくことを目的としています。この過程において、省エネルギー化・省資源化を含むプロセスの最適化、環境調和型プロセスの開発、スケールアップ等々の、化学のみならず機械、数学、生物学などの幅広い知識が必要とされます。
無機・分析化学分野
無機化学および分析化学は、様々な元素を駆使し、共有結合とイオン結合、結晶質と非晶質といった化学物質の持つ多彩な可能性を、望みの機能の発現に活かし、電子顕微鏡観察やX線構造解析などにより解析して社会に役立てます。
有機化学分野
有機化学は、有機化合物、すなわち炭素の結合物の化学で、生物に関係の深い物質も対象とします。有機化合物の種類は非常に多く、医薬・農薬、香料・染料、繊維・樹脂などへの応用も広いので、新発見・新発明が可能な分野です。