受験生の方へ

何を学ぶの

まず入学すると、物質やエネルギー、環境が化学とどのように関わっているかを学び、総体的に化学と社会の関わりを捉えます。また、化学の理解に不可欠な、物理学や数学などの基礎科目を勉強します。

2年次では物理化学、無機化学、分析化学、有機化学、化学工学の専門分野を本格的に学習、3年次で物理と化学、生物と化学などの境界領域分野を学びます。これらのカリキュラムを通して、ぼんやりとしていた化学と社会の関わりが明確なものとなり、工業化学が今後取り組まなければならない命題を意識するように なるでしょう。当学科では、これらの授業のほかに、多くのバラエティーに富んだ実験を用意し、研究者・技術者として必要な実験スキルおよびレポート作成法 を修得してもらいます。さらに、工学倫理や英語、コンピュータ実習を開講するとともに、企業の先端研究者による特別講義を設けることで、研究者・技術者と して必要な心構え、コミュニケーション手段を学んでもらいます。
4年次では、3年次までに修得した知識を活かして、最先端の研究課題に取り組み、問題の発掘能力、創造的な解決能力を鍛えます。

【写真】