受験生の方へ

将来は

進学・就職

平成29年3月の卒業生・修了生の進路を紹介します。

民間・企業公務員進 学
学部卒業生 16 0 68(他大学大学院確定15)
博士・修士 53 1 2

平成29年度学部卒業生のうち大学院進学者は75%(前年度77%)です。平成29年度卒業・修了生の就職先を示します。
(大学院) トヨタ自動車,日産自動車,本田技研工業,マツダ,新日鐵住金,三菱製鋼,宇部興産,積水化学,東レ,信越ポリマー,東ソー,旭硝子,ダイキン工業,大王製紙,帝国インキ製造,日本ペイントホールディングス,DIC,東京ガス,エア・ウォーター・ゾル,日本たばこ産業,森永乳業,ヤクルト,雪印メグミルク,明星食品,東洋水産,日本化薬,東洋エンジニアリング,国際石油開発帝石,昭和シェル,DOWAホールディングス,TDK,日立化成,UACJ,古河テクノマテリアル,東邦チタニウム,田中貴金属グループ,テルモ,朝日インテック,住友理工,明成化学工業,佐竹化学機械工業,関東電化工業,親和パッケージ,IHI検査計測,NTTドコモ,野村総合研究所,ハイテクシステムス,神奈川県

(学部) ロッテ,オムロン,科研製薬,東邦チタニウム,日冷工業,キヤノンマーケティングジャパン,日本エアコミューター,シスコシステムズ,日本モレックス,KDDI,古河AS,メイテック,みずほフィナンシャルグループ,ダイニック,山岸運送

採用先から判るように、工業化学科の社会的な評価は高く、広範な産業分野からの求人が来ています。最近では,「脱本業」を掲げる企業が多く、業態が多様化し,社名だけでは業務内容が判然としません。自動車・電機・電気部品・エネルギー・精密機器・鉄鋼・非鉄金属などの企業でも化学・材料に関係した多くの魅力的な仕事があり,毎年多くの卒業生が就職しています。
最近は好況や団塊の世代の大量退職を反映して,優秀な理工系人材を得たいという企業の意欲は益々強くなっています。特に科学技術の高度化に伴い,大学院修了者に対する強い需要は定着した感があります。
リーマンショック以降の経済情勢から就職活動は厳しい状況にありますが,優秀な理工系人材を得たいという企業の意欲はそれほど衰えていません。特に科学技術の高度化に伴い,大学院修了者に対する需要には強いものがあります。工業化学科でも,大学院に進学しさらなる実力を身につけてから社会に出て行く道を選ぶ学生が多くなっています。
採用試験では学力はもとより、面接(コミュニケーション力)が重視されます。緊張した場面で、挨拶に始まり、話し方、態度および熱意なども評価されます。そのような場面では、なかなか思うことの半分も話せなくなるのが普通です。常日頃から、様々な年代の人と繋がりを持ち、目上の人に礼儀正しい態度や話し方が自然に明るくできるように心掛けることが必要です。また,採用試験の面接や履歴書で,大学生活で何をして来たか,具体的に問われる様です。単に遊ぶということだけではなく,例えば地域の活動やボランティアにも参加しておくと大いに自己アピールになると思います。学業以外にも資格、語学、特技や趣味なども身に付けておくと良いでしょう。
なお,就職の全般的なことが記されている「学園生活」の就職の項をぜひ読んでおいてください。 本学の建学の精神を十分に噛みしめて,有意義な学生生活を送ってください。それはきっと就職に有利に反映するでしょう。

資格

国家公務員は,国の行政・施策などに関して,国家的観点から仕事が出来る点でやり甲斐がある職業です。それだけに特にキャリアを目指す総合職試験(旧Ⅰ種試験程度)は難関になっていて,1,2年生のうちから受験に備えて準備することが肝要です。大学としてキャリアセンターによる種々の全面的な支援体勢が整っているので,是非,成績優秀者は進路に拘わらず,チャレンジしてください。なお,総合職試験の最終合格者は,表彰されたうえ,合格年度に奨学金として30万円が支給されます。最終合格者には提示延期(最長3年間)という制度があり,たとえば学部4年で最終試験に合格したのち,大学院に進学して修士2年次に官庁訪問のみを行うことも可能です。提示延期中に再度受験することも可能であり,在学中に最終合格すれば,その都度奨学金が支給されます。また,別表のような他の国家試験に合格して,特別の資格を取得しておくと将来役立つ場面もあり,しかも待遇・人事評価・手当などの点で有利なこともあります。
別表のほかに,在学中であっても,指定された講習会の講習を修了すれば受験の資格が得られるもの,あるいは業界が催す講習会に出席すれば受験に有利なものに,次のようなものがあります。

 酸素欠乏危険作業主任者・特定化学物質等作業主任者・核燃料取扱主任者・原子炉主任技術者・普通第1種圧力容器取扱作業主任者・四アルキル鉛等作業主任者・エネルギー管理士・火薬類保安責任者・高圧ガス製造保安責任者・有機溶剤作業主任者など。

取 得 資 格種  別a)在学中b)卒業後c)経験年数備  考
国家公務員 総合職 受験区分:工学または化学 ・生物・薬学(年齢21歳以上)
一般職
技 術 士 第1次試験 卒業すれば共通科目試験免除
第2次試験 7年 21の技術部門あり
危険物取扱者 甲種 d)
乙種 d)
毒物劇物取扱 責任者
放射線 取扱主任者 大学卒業程度の 学力試験
環境計量士 濃度関係
防火管理者 1年 d)
公害防止管理者 大気関係 d)
水質関係 d)
粉じん関係 d)
作業関係測定士 1年 d)
a)
学歴の有無を問わないので,在学中に受験できる。
b)
卒業すれば受験または取得できる。
c)
受験のために必要な実務経験年数。
d)
在学中に特定の科目を履修しておくと極めて有利である。