受験生の方へ

学生像

化学は基本的には原子・分子レベルでの物質の構造や性質を解明し、 それらを応用して新しい物質や反応を構築する、いわばものづくりの基本となる学問です。 そして、工業化学は工学的な側面から化学を研究する学問であり、化学の理論的研究や新しい物質 の探索・創造に留まることなく、「もの」のライフサイクルすべてに関わる学問です。そこには、 物質の生産に必要な周辺技術、たとえば優れた触媒の開発、環境にやさしい安全でクリーンな製造 プロセスの確立、資源の有効利用、さらには効率のよいエネルギー変換システムの構築など も含まれます。

このような観点から本学科では、 「人類に必要な物質の創製,及びそのための製造方法を開発すること」を研究の理念とし、学部に おいては基礎教育と実験,演習を重視し、活発な研究活動を通じて,実力のある研究者,化学技術 者の養成を目指しています。 しかし、「化学が好き」あるいは「化学に興味がある」だけで研究者、化学技術者になることは難 しく、本学科に興味をお持ちの皆様には、日ごろの勉学において、次のような点を心に留めていた だくことを希望いたします。

<目的意識をもつ>
大学への入学はゴールではありません。むしろ将来へのスタート地点がたったといった方がよいでしょう。ですから大学入学を目的とすることなく、大学で何をどのように学ぶか、(さらに言えば将来は何をしたいのか)という意識をもって大学に進学してください。これは大学で勉学をする際のモチベーションにもなるはずです。
<自分の考えをきちんと表現し相手に伝えられる>
自分の意見を相手に正確に伝えることはとても大切です。そのためには論理的な思考が必要になり、この基本は正確な日本語で表現するための国語力です。現代社会では国際的視野で行動するために英語力も重要ですが、日本語もおろそかにせずしっかり訓練して下さい。
<好奇心をもって勉強する姿勢を身につける>
化学の実験では様々な現象が現れます。ほんのわずかな変化の観察から世紀の発見につながった例も数多くあります。また、化学は暗記モノと考えられがちですが、様々な反応や法則の裏側にあるなぜそうなるのか、どうしてそうなるのかを考える癖をつけてください。
<数学や物理学の基礎を身につける>
化学とは関係のない話に聞こえるかもしれませんが、大学の化学はより論理的になり、化学反応や相変化といった現象をを数式で表すようになります。また、応用分野が非常に幅広い学問であることもあり、数学と物理学の基礎をしっかり身につけてください。
【写真】ダミー