企業・一般の皆様へ

共同研究

【写真】

工業化学科では、民間の企業や地域との共同研究・受託研究などを積極的に受け入れ、社会への貢献を目指しています。
ご興味がある方は、下記の各教員の研究分野等を参考に、東京理科大学研究戦略・産学連携センターにお問い合わせ下さい。

近藤 行成(コンドウ ユキシゲ) 教授
グループ分け ナノテク・材料
研究分野 界面活性剤、可溶化、乳化、分散、自己集合、ミセル、ベシクル、有機工業材料
主な研究テーマ
  • フッ化炭素鎖を有する多親媒性界面活性剤の合成と溶液物性
  • 多親媒性界面活性剤を利用した金ナノ粒子の一次元配列
  • ベシクルを用いた有機物の可溶化制御
  • DDSへの応用を目指した重合性ベシクルの作製
産業への利用 一分子内に炭化水素鎖とフッ化炭素鎖を併せ持つ界面活性剤(多親媒性界面活性剤)には従来の界面活性剤に見られない特異な性質があります。それらのいくつかは産業へ応用可能と期待しています。
可能な産学連携形態とその内容 形態 : 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
内容 : コロイド・界面化学関連の分野で連携可能です。
セールスポイント 共同研究の場合、密に連絡を取り合いながら進めて参ります。
河合 武司(カワイ タケシ) 教授
グループ分け ナノテク・材料
研究分野 表面、界面、ナノ粒子、ナノシート、、ナノ材料、ナノバイオサイエンス
主な研究テーマ
  • ナノ粒子の選択的表面修飾法とインテグレーション法の開発
  • 機能性有機薄膜の構築と非線形振動分光解析
  • 有機トランジスタの開発に関する研究
  • ダイヤモンド電極に関する研究
産業への利用 有機トランジスタの開発研究はフレキシブルな電子ペーパーや電子タグに応用。機能性有機薄膜研究は化学センサーや高機能捕集剤等に利用。
可能な産学連携形態とその内容 形態 : 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
内容 : ・機能性有機薄膜の開発および薄膜評価技術。・有機電界効果トランジスタ、有機受光素子の開発。
セールスポイント ナノ粒子の作製および新規な表面修飾法、機能性有機薄膜の作製および非破壊振動分光法による薄膜評価に関して高い技術を有する。
大竹 勝人(オオタケ カツト) 教授
グループ分け
研究分野
主な研究テーマ
産業への利用
可能な産学連携形態とその内容 形態 :
内容 :
セールスポイント
庄野 厚(ショウノ アツシ) 教授
グループ分け ナノテク・材料
研究分野 化学工学、分離操作、微粒子合成、脱水素反応
主な研究テーマ
  • 微小流路を用いた溶媒抽出操作
  • 非水溶媒系を用いた高分子微粒子の合成
  • 有機ハイドライドの連続式脱水素反応器の開発
  • 溶媒抽出水熱合成法を用いた金属酸化物微粒子の合成
産業への利用
可能な産学連携形態とその内容 形態 : 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
内容 :
セールスポイント 溶液系を中心に、微小流路を分離場として利用した溶媒抽出プロセス、油中水滴型エマルションの分散相を反応場として利用した高分子微粒子合成プロセス、活性炭のミクロ細孔が作り出す場を利用した脱水素触媒反応プロセスなど、場の特性と物質移動や反応を組み合わせた新しいプロセスの開発を目指している。
国村 伸祐(クニムラ シンスケ) 准教授
グループ分け ナノテク・材料、環境
研究分野 X線分析、材料分析、環境分析、食品分析
主な研究テーマ
  • 微弱X線を用いた蛍光X線分析法による超微量元素分析法の開発と応用
  • 白色X線を用いた全反射蛍光X線分析法の検出感度向上に関する研究
  • X線を用いた新規表面凹凸計測法の開発
  • 高電圧源としての焦電結晶の新しい応用に関する研究
産業への利用 材料や製品の品質管理や工程管理に利用可能と考えています。
可能な産学連携形態とその内容 形態 :共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
内容 :材料、食品などの微量元素分析法の開発
セールスポイント 本研究室では、微弱X線発生源を用いた高感度分析法を開発し、物質の様々な情報が現場で得られるようにすることをめざしています。

田中 優実(タナカ ユミ) 准教授
グループ分け
ナノテク・材料、環境
研究分野 無機化学、電気化学、固体化学、セラミックス工学
主な研究テーマ
  • 固体酸化物燃料電池用電解質の開発
  • 固体高分子型燃料電池用無機系電解質の開発
  • 脱白金酸素還元触媒の開発
  • 静電式振動発電用セラミックエレクトレットの開発
  • 特殊カーボン(ナノチューブ、高配向膜、グラフェン等)製造技術の開発
産業への利用 燃料電池や二次電池を始め、キャパシタや振動発電機に至る様々な発電/蓄電デバイス用の次世代材料の提供。
*次世代材料例:中温作動型プロトン伝導体、中温作動型酸化物イオン伝導体、非白金系酸素還元触媒(炭素系、酸化物系)、セラミックスエレクトレット(静電式振動発電素子)
可能な産学連携形態とその内容 形態 :共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
内容 :シーズ提供、ニーズに即した材料調整および電気化学的評価等
セールスポイント 「学術的裏付けのあるオリジナル技術を盛り込んだ独自のエネルギー変換材料/デバイスの開発」をモット-に、既存技術の追随にとどまることなく、萌芽的、挑戦的な手法にも積極的にチャレンジしています。
今堀 龍志(イマホリ タツシ) 准教授
グループ分け ものづくり、ライフサイエンス
研究分野 有機合成化学、不斉合成、機能性分子、分子触媒、創薬
主な研究テーマ
  • 刺激応答性分子触媒の開発
  • 効率的有機合成反応の開発
  • 不斉触媒の開発
  • 刺激応答性分子を基盤とする創薬研究
産業への利用 機能性触媒を基盤に環境調和性を追求した持続型化学変換システムを構築。刺激応答性機能性分子による病原部位特異的な医薬品(副作用の少ない医薬品)の開発。
可能な産学連携形態とその内容 形態 :共同研究、受託研究員受け入れ、受託研究、技術相談および指導
内容 :効率的化学反応開発、不斉合成、持続型化学変換システム構築、医薬品開発
セールスポイント 有機合成化学をベースとした機能性分子の開発によって、効率的化学変換システム開発から医薬品開発まで、広く連携可能
杉本 裕(スギモト ヒロシ) 教授
グループ分け ナノテク・材料、環境
研究分野 有機化学
主な研究テーマ
  • 精密合成(高分子合成、不斉合成)を可能にする触媒の開発
  • 新しい機能性高分子材料の開発
  • 機能性分子(人工酵素や超分子複合体)の分子設計
  • 二酸化炭素の化学的固定
産業への利用 主に、新たな物性・機能を持つ材料の開発につながる合成反応の研究を手がけている。将来的には実生活における利用を意図した材料の設計のためのシーズとなりえる研究。
可能な産学連携形態とその内容 形態 : 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導
内容 : 高分子合成反応(重合反応)、不斉合成反応の制御を目標に、精密な合成反応を可能にする触媒の開発。また、その触媒を用いた合成反応を利用する、新規な有機材料の開発。
セールスポイント 戦略的かつ綿密な分子設計を基本におき、種々の錯体触媒を開発し、材料合成に貢献できる新しい合成手法の開発に携わっている。さらに、まったく新しい概念に基づくアプローチからこれまでに実現されていない機能性分子触媒の開発にも挑戦し続けている。
橋詰 峰雄(ハシヅメ ミネオ) 教授
グループ分け バイオ、ナノテク・材料
研究分野 ナノハイブリッド材料、生体材料、超薄膜、生物有機化学
主な研究テーマ
  • バイオミネラリゼーションの原理を利用した材料開発
  • ウェットプロセスによるナノハイブリッド界面の作製
  • 生物資源の構造材料としての機能化
産業への利用 バイオ分野では医療(治療、診断)、化粧品、食品分野などへの応用、ナノテク・材料分野では新たな表面処理技術、接着技術としての応用、などが考えられます。
可能な産学連携形態とその内容 形態 : 共同研究、受託研究員受入
内容 :生体関連分子を用いた有機−無機ハイブリッド薄膜の作製と評価、表面処理材料の機能評価、など。
セールスポイント 生体関連化学をベースとしたナノハイブリッド材料の作製を行い、それらのさまざまな分野への応用を目指しています。分子集合体や超薄膜の作製に関する知見を有しています。
永田 衞男(ナガタ モリオ) 准教授
グループ分け ナノテク・材料、環境
研究分野 光化学、電気化学、触媒化学
主な研究テーマ
  • 有機系太陽電池
  • ペロブスカイト太陽電池
  • 半導体光触媒による水分解および二酸化炭素還元
  • 可視光応答型光触媒を用いた環境浄化
  • エレクトロクロミック機能をもつ金色光沢フィルム
産業への利用 人工光合成を用いた環境浄化およびエネルギー変換デバイスへの利用
可能な産学連携形態とその内容 形態 : 共同研究、受託研究、技術相談および指導
内容 : 太陽電池および光触媒評価等
セールスポイント 主に自然の光合成から学ぶ光化学エネルギー変換を基盤とし、太陽電池、人工光合成などへの応用も備えた太陽光エネルギーの活用技術を研究しています。