工業化学科とは

工業化学科概要

皆さんの身のまわりを見て下さい。電化製品や車、化粧品や洗剤、衣服や医薬品など、私たちの生活に欠くことのできない、すべてと言っても決して言い過ぎでは ない多くのものが、化学物質から作られていることに気づくはずです。工業化学では、基礎化学の研究を通して、生活を豊かにする物質を開発し、それらを世の 中に提供するために製造コストや製造プロセスの安全性などを考慮し、最も工業化に適した物質製造方法を探究します。

製造コストを抑えるには、より効率的で安全で、かつ廃棄物を出さない精密な反応の開発が必要となります。また、物質の機能をさらに向上させ、少量で効果の ある物質を生み出す努力も必要になります。さらに、近年では「石油資源の枯渇」、「二酸化炭素による地球温暖化」、「廃棄物による環境汚染」が深刻な私た ちの死活問題となっています。従来の製品の多くは石油を原料としてきました。エネルギーも同じです。今後は石油に依存しない製品の開発や石油に代わる新し いエネルギー生産、廃棄物の効率的リサイクル、環境分析技術を考えねばなりません。今後の地球生活も工業化学の成果にかかっているのです。

当工業化学科では、こうした要請に応える人材(研究者、技術者)を養成するために、有機化学、無機化学を初めとする基礎化学に加え、化学と生物、化学と物理などの境界領域を教授し、化学工学を修得させる教育・研究活動を活発に行っています。

3つのポリシー

[ディプロマ・ポリシー] 卒業認定・学位授与の方針
実力主義の伝統を堅持しつつ、高い専門性と倫理観、国際的な視野を持った工業化学分野における研究者・技術者等の養成を目標とし、以下の知識、能力を身に付け、学科が定める所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与する。
1. 工業化学分野に必要な基礎学力と専門知識
2. 自然・人間・社会に係る幅広い教養を修得し、工業化学分野に限らず横断的にものごとを俯瞰する能力
3. 修得した専門知識や教養をもとに、自ら課題を発見し、解決する能力
4. 修得した専門知識や教養をもとに、論理的・批判的に思考し、積極的な姿勢で判断し、行動する能力
5. 修得した専門知識や教養をもとに、他者とコミュニケーションをとり、国際的な視野を持って活躍できる能力
6. 修得した専門知識や教養をもとに、専門分野に応じたキャリアを形成し、自己を管理する能力

[カリキュラム・ポリシー] 教育課程編成・実施の方針
1. 建学の精神と、「自然・人間・社会とこれらの調和的発展のための科学と技術の創造」という教育研究理念
 に基づいて、学科が定める「人材育成等に関する目的」を実現するための学士(工学)の教育課程を編成する。
2. 真に実力を身に付けた学生のみを卒業させる「実力主義」の伝統を堅持し、厳格な教育課程を実践する。
3. 段階的な知識の修得を図るため、一般的素養を深めるための「一般教養科目」、工学分野における各専門分野の基盤をなす「基礎科目」、工業化学分野における研究者・技術者等に必要な能力を養うための「専門科目」の3種類の授業科目を体系的に配置する。
4. 工業化学分野で活躍するためのキャリア教育や、国際性、コミュニケーション能力、課題発見・解決力、論理的・批判的思考力、倫理観を養う内容を含む科目を配置する。
5. 「一般教養科目」では、自然・人間・社会を幅広く俯瞰する能力、判断力・行動力を養う授業科目を効果的に配置する。
6. 英語教育においては、状況に応じた柔軟なクラス編成を取り入れ、学習効果を高める主体的な学びを導く教育を行う。
7. 「基礎科目」では、初年次より「基幹基礎科目」、「専門基礎科目」の授業科目を効果的に配置し、併せて学生が自ら学ぶ学修時間を確保し、基礎学力を強化した上で、「専門科目」との接続を図る。
8.「専門科目」では、講義の他に、多くの実験、演習等の授業科目を重点的かつ効果的に組み合わせることで工業化学分野の専門知識と技術を高め、併せて他の授業科目との関連や学問探求の方法を学ぶ。
9. 学士課程の集大成として、最終学年次に卒業研究を実施する。
10. 自身の専門分野を超えて幅広く関心のある科目を履修できるよう、他学部・他学科の科目の履修や大学院科目の先行履修を可能とし、学生の学習意欲の向上を図り、多様な学習ニーズに応える教育課程とする。

[アドミッション・ポリシー] 入学者受入れの方針
建学の精神と実力主義の伝統に基づく、本学の教育研究理念のもと、
1. 高等学校段階までの基礎知識と思考力、判断力、表現力を備え、工業化学に関する学習に必要な学力を持つ人
2. 将来工業化学分野における研究者・技術者として広く国内外で国際的な視野を持って活躍するための基礎的な素養を身に付けている人
3. 社会に対する良識と責任意識を持ち、主体的に多様な人々と協働して学ぶ意欲のある人
を多様な選抜方法により広く求める。
【入試形態ごとの入学者に求める能力と、その評価方法】
(A方式入学試験)
幅広い科目に対する基礎知識と思考力、判断力を持つ人を、大学入試センター試験の得点を用いて選抜する。
(B方式入学試験)
学科の特性に見合う基礎知識とそれを応用する能力及び思考力、判断力を持つ人を、独自の学力試験の得点を用いて選抜する。
(C方式入学試験)
理数系科目を中心に幅広い基礎知識と思考力、判断力を持つ人を、本学独自の学力試験と大学入試センター試験の得点を用いて選抜する。
(推薦入学試験)
高等学校段階までの十分な基礎知識と思考力、判断力、表現力を持ち、自ら学ぶ意欲のある人を、書類審査と面接等により選抜する。
(帰国子女入学者選抜、外国人留学生入学試験)
海外で身に付けた知識と能力を持ち、自ら学ぶ意欲のある人を、大学入試センター試験の成績、書類審査、資格・検定試験の成績、面接等により選抜する。

授業案内 詳しくはこちら 施設案内 詳しくはこちら