工業化学科とは

授業案内

【写真】授業風景

工業化学は,物質や材料の開発から製造,触媒や製造工程,そして,廃棄物処理,再資源化など,モノのライフサイクルすべてに関わる化学です。工業化学科では,基礎教育と実験,演習を重視し,活発な研究活動を通じて,実力のある研究者,化学技術者の養成を目指します。

重要科目

専門基礎である物理化学、無機化学、分析化学、有機化学、化学工学など。

別授業概要

1年次

物質と化学、エネルギーと化学、環境と化学など多面的な目から見た化学についての講義を通して、学生の知的好奇心を刺激して「ものづくり」への心を開かせ ます。また、理論化学の基礎である熱力学を中心に、物質の性質を支配している理論の美しさに興味を持たせるとともに、物理学、数学などの基礎科目、さら に、後半からは物理化学、無機化学及び有機化学に関する基幹的な科目を配置し、これらの科目の緊密な関係を学生自身が理解できるように指導します。工学倫 理や英語と日本語のコミュニケーション能力を養う科目、文科系科目なども用意しています。

2年次

物理化学、無機化学、分析化学、有機化学等の専門分野への興味を誘う科目を設置するとともに、「ものづくり」に必須な化学システム工学など工学的センスを 養う科目を導入します。これらの講義を通して専門分野への興味を固め、情報メディア処理能力、学際分野開拓能力等、技術者・研究者として不可欠な幅広い能 力を養成します。

3年次

基礎学力の付いた学生をより高度な専門課程へと導くため、より細分化された専門科目を用意して学生にアラカルト方式で選択させ、応用面の各種化学を実践的 に学ばせます。また、実験を多く実施することで、実際の物理的、化学的現象を体験することを通して、これまでに学んだ理論や知識がより確かなものになるよ うに導くとともに、技術者・研究者としての基本的スキルを修得させます。さらに、企業等の研究者による特別講義を開講して最先端の技術の一端を経験させ、 フロントランナーとしてあるべき化学者・化学技術者の姿についても考えさせます。

4年次

技術者・研究者に向けての3年次までの学部教育を統合し、工業化学分野の先端的な理論と技術を実践的に研究、修得していきます。卒業研究または工業化学特 論を学部教育における最も重要な科目として捉え、与えられたプロジェクトにおける問題の発掘能力、創造的な解決能力、専門家と非専門家からなる聞き手に対 して結果を報告する能力等を養います。